概要

所要計画の一覧を表示します。

所要とは生産計画を立てた時に必要となる部材の事です。

通常は生産計画の展開処理によって自動的に作成されます。

 

条件検索部分

項目 説明
生産計画No 生産計画Noを指定します

前方一致検索

仕入先 仕入先CD・仕入先名を指定します

仕入先CD

前方一致検索

仕入先名

曖昧検索

子品目 子品目CD・子品目名を指定します

品目CD

前方一致検索

品目名

曖昧検索

子品目CDとは、使用する部材のことです。

ここでは、製品の事を親品目と呼んで区別しています。

必要日 必要日を範囲指定します。
倉庫 倉庫CDを指定します。
完了状態のものも表示する 通常、完了している所要計画は表示されません。

チェックを付けると完了状態のものも表示されるようになります。

 

サブメニュー

基本となるメニューの右横にあるボタンです。


 

強制完了

指定した所要計画を強制的に使用完了状態にします。

複数選択が可能です。対象が1件もないときにはエラーとなります。


 

通常は、この計画自身を使用完了状態にする必要はありません。

システムで設定された所要の引き落としのタイミングによって、

自動的に引き落とされ、完了となります。

また、この所要計画のために作成された手配が存在する(紐付手配)場合は、

手配計画を紐付手配から通常手配(在庫引当)に変えます。(余剰在庫となるので注意)

必要があれば、手動でこの手配を処理する必要があります。

 

完了解除

完了状態となっているものを元の状態に戻します。

複数選択が可能です。対象が1件もないときにはエラーとなります。


現在の状態が強制完了状態の場合は強制完了前の状態に戻り、

完了の場合は使用実績数から推測した状態にします。

一度、完了によって紐付け手配が外れた紐付け手配は

完了解除によっても元に戻りませんのでご注意ください。

 

使用実績

指定した所要計画に対する使用実績入力画面が起動します。

必要に応じて、仕様数を入力します。

生産計画

指定した所要計画に対する生産計画画面が起動します。

生産計画の確認ができます。

紐付生産

所要計画の品目が内作品の場合、

所要計画に対する生産計画画面が起動します。

生産計画の確認ができます。

紐付発注

所要計画の品目が購買品の場合、

所要計画に対する発注入力画面が起動します。

発注の確認ができます。

紐付解除

所要計画に対する紐付手配が存在する場合、

所要計画と手配の紐付を解除します。

所要計画は在庫引当となり、その手配も在庫形状となります。

 

手配紐付の場合の画面



 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事